3Dプリントデザインコンテスト
  • 結果発表
  • 審査員
  • 応募規約
  • 協賛
  • JA/EN
「3Dプリントデザインコンテスト」は、3Dプリンターを活用した自由度の高いデザインの応募・活用を通じ、デジタルファブリケーションの魅力を広くPRする取り組みの一環として「Make Wow!」をテーマに、世界中のクリエイターを対象に開催された国際コンテストです。沢山のご応募、誠にありがとうございました!

結果発表

Genghis 3D Style Writing
Genghis 3D Style Writing
Benjamin Cann
Benjamin Cann
Genghis in Rinkak
ドイツを拠点に活躍するフランス人メカニカルエンジニア兼、独学のデザイナー。Eugenio 3Dを起ち上げ、ディレクターとして活動。2014年より開始し、3Dエンジニアリングやデザインソリューションに携わっている。
Benjamin Cann
ドイツを拠点に活躍するフランス人メカニカルエンジニア兼、独学のデザイナー。Eugenio 3Dを起ち上げ、ディレクターとして活動。2014年より開始し、3Dエンジニアリングやデザインソリューションに携わっている。
rinkakで詳細を見る
審査員コメント
迫力がある。グラフィティを3D空間の動きに拡張した上、手で触れられるモノとして定着させたこの作品には驚かせられました。3Dプリントの可能性を体現した作品です。
Wavelet.B bracelet
Wavelet.B bracelet
Igor Knezevic
Igor Knezevic
Alienology in Rinkak
LAを拠点に、デジタルデザインや手法開発に主眼を置きながら、MTV Europe、Universal、Paramount等向けにコンセプトデザインを制作している。2009年にAlienologyを起ち上げクリエイティブディレクターとして活動、ライティングやジュエリー等のプロダクトデザインに携わっている。
Igor Knezevic
LAを拠点に、デジタルデザインや手法開発に主眼を置きながら、MTV Europe、Universal、Paramount等向けにコンセプトデザインを制作している。2009年にAlienologyを起ち上げクリエイティブディレクターとして活動、ライティングやジュエリー等のプロダクトデザインに携わっている。
rinkakで詳細を見る
審査員コメント
即時性がある3Dプリンターはファッションとも好相性。審査では実際にこのアクセサリーを着用してみましたが、とても美しい。プレゼンテーション写真も世界観があってすばらしいです。

Stratasys Award

dodecahedrons
dodecahedrons
鈴木 宏明
鈴木 宏明
hrak02 in Rinkak
1989年生まれ。2012年、首都大学東京インダストリアルアートコースリビングデザイン研究室を卒業後、建材・住宅設備機器メーカーに入社。2015年3月に同社を退社し、現在はインテリアデザイン・設計の職を探して転職活動中。
鈴木 宏明
1989年生まれ。2012年、首都大学東京インダストリアルアートコースリビングデザイン研究室を卒業後、建材・住宅設備機器メーカーに入社。2015年3月に同社を退社し、現在はインテリアデザイン・設計の職を探して転職活動中。
rinkakで詳細を見る
審査員コメント
出力作品を実際に見てみると、陰影がきれいに落ちて、オブジェとして単体で飾っても美しく、花器だけではない使い方ができそうな作品。

審査員賞

吉井 宏 賞
[審査員コメント]
どちらかと言えば真面目で硬派なデザインワークが多い中、この作品はキャラクターと実用を兼ねていて、ホッとさせるユーモアがあります。玄関に吊しておきたいです。
Matt Webb 賞
[審査員コメント]
ラウンドした美しいフォルムが、持った時にしっくりと手に馴染んでいる様子がとても素敵な作品でした。
島村 卓実 賞
[審査員コメント]
一本の線だけで作られていながら、オーガニックな雰囲気がとても好印象です。耳元に合わせると、スッキリしたかわいい存在感が出る。アクセサリーとしての機能もあって、美しいですね。
重村 珠穂 賞
[審査員コメント]
3Dプリントでなくては出来ない造形、というわけではないものの、汎用性の高いデザインで、オブジェとしても器としても美しく、サイズを可変すれば様々な使い道が考えられる。タイトル通り、つなげて使っても、きれいだと思います。

審査員
(※名前のアルファベット順に記載)

Hiroshi Yoshii / 吉井 宏氏
キャラクターデザイナー
 
吉井 宏 
1962年愛知県生まれ。グラフィックデザイナーを経て90年よりフリー。イラストやキャラクターデザインを中心に活動。2003年頃から3DCGによるキャラクター制作を開始。立体制作も始め、少量生産のレジンフィギュアを発売。3Dプリントやデータからの切削を利用した小型~大型の立体作品にも取り組んでいる。キャラクターデザインの代表作に「NTTドコモ  ひつじのしつじくん」、「ヤンス!ガンス!(MEAT OR DIE)」「NEXCO東日本 高速道路キッズ」など。
 
Matt Webb
BERG CEO
 
Matt Webb 
イギリスのデザインファームBergのCEO兼Co-founder。Mind Hacksの著者の一人。Bergは世界で最初のIoTデバイスであるLittle Printerを作り、Fast Company社の世界の50の革新的な会社の一つとして取り上げらている。またBergのHERE&THEREという作品は、MoMAの収蔵作品となった。現在はBergとしての活動を休止しており、ものづくりスタートアップを中心としたサポートに取り組んでいる。シドニー、大阪、マイアミなど世界各地での講演実績も多数。(interconnected.org)
 
Takumi Shimamura / 島村 卓実氏
プロダクトデザイナー
 
島村 卓実 
プロダクトデザイナー。DOCOMOのPDA端末からカーデザインや観光バス等の輸送機関、小規模住宅やインテリア等の空間デザイン、家具やプロダクトデザイン 等、幅広いジャンルでデザインを提案している。2003年に高知県馬路村と立体成型の杉間伐材シリーズ「monacca」を発表。以後素材や地域に注目してデザイン活動を進めている。2005年のMoMAでの販売に始まり、各国のデザイン展示会にも積極的に参加することでグローバルマーケットでのデザインビジネスを展開している。日本デザインコンサルタント協会会員、グッドデザイン受賞多数。
 
Tamaho Shigemura / 重村 珠穂氏
建築・風環境デザイナー
 
重村 珠穂 
1975年東京都生まれ、韓国・ソウル、米国育ち。2000年 慶應義塾大学大学院政策メディア研究科修了後、大林組にて電通審社屋建設工事に関わり、2004年からMIT建築学部修士課程留学。 2007年槇総合計画事務所にてワールドトレードセンターのプロジェクトに参加後、2008年~2010年ハーバード大学デザイン学部(GSD)留学。修士課程修了。 2012年に株式会社アルゴリズムデザインラボを設立し、3次元設計、コンピュテーション・テクノロジーの普及とデジタル技術による環境設計に関するコンサル・設計業務に携わっている。早稲田大学非常勤講師・デジタルハリウッド講師等教育普及活動も行っている。訳書に「アルゴリズミック・アーキテクチャ」がある。
 

応募規約

  1. このコンテストへのエントリーを以って、あなたは本利用規約及びrinkakの利用規約に同意したものとみなします。また、応募作品は本人のオリジナルのものに限ります。登録前に必ずお読みください。
  2. 受賞者の作品に関する知的財産権はすべて受賞者本人に帰属します。但し、本コンテストにおけるプロモーション、出版物への掲載などに無償でご協力いただく場合があります。
  3. すべてのエントリー作品は、rinkak又は株式会社カブクによってデータ保存され(ドキュメント化され)、rinkak又は株式会社カブクが行うプロモーションの一環としてデジタルデータや出力作品として使用されることがあります。
  4. 既発表作品も応募できます。
  5. 出品料は無料です。
  6. 応募者はエントリーをもって、株式会社カブクに対し、本名とメールアドレスを共有することに合意するものとします。
  7. rinkakまたはkabuku Inc.の従業員とその親族を除く、どなたでもご応募いただけます。
    ※プロフェッショナル・アマチュア、法人、個人、チームを問いません。また、国籍、年齢、職業を問いません。
  8. 審査員の審査結果が全てであり、不服等の抗議は一切受け付けないものとします。
  9. 応募期間は2014年11月18日12:00(JST)よりエントリーが始まります。締め切りは2015年2月2日19:00(JST)までといたします。また、受賞の際は受賞者に対し2015年3月中旬に連絡いたします。
  10. 本件に関するお問い合わせは、 お問い合わせフォームよりご連絡をお願い致します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加