《Creator's Voice@college特別企画3》『山形の伝統をみつめ、おみやげをつくる』東北芸術工科大学 プロダクトデザイン科

2014/08/22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。少しずつ、秋の気配を感じる今日この頃...皆様はいかがお過ごしですか?

今回の取り組み、学校の中だけの授業では完結しません。学生の皆さんにはAppleストア銀座店でデザインプレゼンを行ってもらい、rinkakで実際に販売してみるところまでを授業としました。プロ顔負けのプロダクト制作行程を、そのまま授業の一連に組み込んでみようプログラム敢行。習うより慣れろですもの。我々も惜しみなくいきますよ!その様子、一気にご報告です◎






1. 山形ならではを探して


サクランボ、花笠祭り。いいですねぇ。空気がおいしいなぁ。
ここ自然豊かな山形県は、マクドナルドの進出が全国で最も遅かったことでも一部有名!
2014年5月。東北芸術工科大学 プロダクトデザイン科の皆さんを対象に、3Dプリンターを活用したデザイン授業を開始しました。




場所はこちら!美しい山間に校舎があります。
東北芸工大は、美大系の中でも革新的で開かれた授業があるという事で、
私もうら若き大学生だった頃、授業を受けに山形へ赴いた記憶があります◎
ビデオカメラかついで、何故かバンジージャンプしましたよね。授業で...。
あれは一体何だったんだろう 誰かおしえて下さい






今回学生の皆さんが取り組んだ研究テーマは、
「山形県の歴史・文化・産業をベースとした新しいお土産の開発」。
山形ならではを探すべくリサーチ開始!

山形はこのように、大きく4つにわけることが出来ます。
地域ごとに担当を決めて絞り込み、リサーチをしやすくします。






2. 製作期間は3ヶ月


制作の条件は、[ 3DCGソフトの習得をし、3Dプリンターで最終造形する ]こと。
期間はたったの3ヶ月。リサーチやデザイン行程を含めて取り組むには正直やや短いと思われる期間です。学生時代の3ヶ月は一度目的を見失ってしまうと綿飴宜しく音速で溶けてしまいます。
我々も、無責任じゃいられません。
・・・みんな、青春フル活用してがんばれ!(結局応援することしか出来ないという笑)


文献を洗い出し、フィールドワークを行った結果をボードに貼り出します。

デザインプロセスについて議論し、意見を反芻し、計画を練っていきます。

一人ずつ企画を発表。講評者は学内の教官だけでなく我々のような社会人も加わります。
学生の皆さんも我々も、真剣です。




この辺りで、学生作品の企画具体例を一つ抜粋してみましょう。
今回完成させることができた学生作品には、以下のような企画書が制作されています。

例えばこの企画は、見た目や意味を追求するだけでなく、販売計画まで考慮されています。




いよいよ試作!大学に備え付けの3Dプリンターで造形を行っているところ。
こちらを向いているマスクの青年は、学生リーダーの岩井くんです。

こうして仕上がったものから、物撮り(撮影)してイメージ画像も制作していきます。





3.いよいよAppleストア銀座店でプレゼン


8月18日。だいぶ駆け足でご紹介してきましたが、最終造型まで出来た学生さんたちが上京して、Appleストアでプレゼンを行う日がやってきました。流石に「緊張する!」という声もちらほら。厳しいお題に対して、臆せず妥協せず3ヶ月でプレゼンまでこぎつけた学生の皆さん、本当によく頑張ったと思います◎ 彼らも、卒業すれば私たちと同じ立場の社会人。こちらも手は抜けません、その熱意にだって、負けていられません^^



やって参りましたAppleストア!懲りずに私の個人的な大学の頃の話を挟むと
トミーゲレロのライブを見に来て「ウゥワこれが西海岸か...!」て騒いだ事と
クラッシュして虫の息になったmacを抱いて「入稿が!...」て騒いだ事です。




今回のプロジェクトの趣旨をプロジェクトスタッフが解説し、学生プレゼンが始まります。


今回、4つの地域のリサーチから大きく分けて13種のプロダクトが誕生しました。



そして最後は同大学 上原勲准教授の総評で幕を閉じました。




お客様も結構入っているなか、皆プレゼンをやりきりました!
全員ご紹介できませんでしたが、EmbodyProjectコレクションページから作品を見ることができます。
購入も可能です◎



今回のように、"出来事の一歩"を共につくる体験が、先端テクノロジーと地域産業の活性化に留まらず、大学卒業後の彼らに少しでも役立てたら、rinkakスタッフ一同、とても幸いです...。
我々も彼らに負けないようにコツコツがんばるぞ。また、是非どこかでお会いしましょう!








※このプロジェクトは、4社共同で始まったEmbody Projectの一環です。
国内外の大学との連携をはかり、伝統的造形物と先進テクノロジーの開発研究を行っています。

Posts

21.「介助・支援グッズにグッドデザインを」石橋達男さん


20.「多面体が生む陰影の宇宙」鈴木 宏明さん


Rinkak 3D Printing Design Contest Merit Award受賞者インタビュー Igor Knezevic さん


漆×3Dプリンターのデザインメソッド③ パラボラ


漆×3Dプリンターのデザインメソッド② 秋山かおりさん(STUDIO BYCOLOR)


漆×3Dプリンターのデザインメソッド① 西村拓紀さん


15. ストリートの新境地「3Dグラフィティアート」


14.「”光”を宿す新たな色彩」mattbagさん


13.「宇宙を手元にテレポートさせる3Dプリンターの魔力」quriharaさん


12.「3Dプリンターに作家の個性を込める術」hisashiIMAIさん


11.「ストーリーと3Dプリンターが出会う時、国境はひらく」Maniさん


10.「イラストに命を宿す3Dプリンター」hassegawaさん


09.「3Dプリンターが拓く女性作家の新世界」Watanabe_Kayokoさん


08.「職人技とFabの解け合う未来」jewelephanaさん


07.「無駄を省き、ルアーの本質を形に」kklureさん


No.6 「先端技術で挑む、斬新な伝統継承 - 刀×3Dプリンター -」(1/4)


No.6 「先端技術で挑む、斬新な伝統継承 - 刀×3Dプリンター -」(4/4)


No.6 「先端技術で挑む、斬新な伝統継承 - 刀×3Dプリンター -」(3/4)


No.6 「先端技術で挑む、斬新な伝統継承 - 刀×3Dプリンター -」(2/4)


《Creator's Voice@college特別企画3》『山形の伝統をみつめ、おみやげをつくる』東北芸術工科大学 プロダクトデザイン科


more...