漆×3Dプリンターのデザインメソッド① 西村拓紀さん

2015/06/26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

rinkakは、伝統工芸とテクノロジーの商品開発を積極的に行ってきた。過去には藍染仕上げ、日本刀の鞘の製造といった試みがある。第3弾目は、[ 漆×3Dプリンター ]のシリーズでローンチ。今回は、「撥漆-Hane urushi-」のデザイナー、西村拓紀さんのデザインメソッドをご紹介。





◼︎今回の試みについて


日本の伝統的な表面処理技術である漆と、3Dプリンターという近代技術の融合でのモノづくりを、温故知新の思想に基づいてクリエーションしました。3Dプリンターならでのは形状を前面に押し出すデザインは落ち着いてくるタイミングと捉え、漆が主役になる製品バランスにコントロールしています。

◼︎デザインコンセプトについて


コンセプトは「特別な相手との食事を豊かにしてくれること」。日本を代表する漆に伝統的な表現手法である蒔絵を施した酒器セットは、商品外観の華やかさだけでなく、日本古来の陰影を大切にする精神性を背景に持ち、ストーリーの豊かさを食事を通して楽しむ事を目的としています。


▲西村さんの、デザイン開発中の最終イメージ用レンダリング画像。こうした詳細なシミュレーション画像の共有は、3D製造サイド、仕上げを担う漆職人とのコミュニケーションコストの削減にも大きく寄与している。



◼︎デザインプロセスについて


ラフスケッチ、3D化、3Dプリントというデジタルワークならではのミニマルプロセスで行いました。





◼︎3Dプリンターと漆を組み合わせる上での注意点とは?



3Dプリンタならではの形状を前面に出した外観は控えたものの、モノづくり上の制約を取り払う事に3Dプリントの特性を割り振っています。例えば漆を施した樹脂パーツは非回転体形状なのと、飲み口近辺から底付近では4〜5倍の樹脂厚変化があるため、通常のインジェクション成形では形状の安定が難しく、3Dプリントが活きてきます。




また、ステンレスパーツも同様に非回転体形状であるため、砂型成形かダイカスト成形(※金属素材を成形する手法の一つ)になりますが、通常砂型で成形可能な3mm厚を下回っているのと、ダイカストでは4種類(上下で全8種)もの金型にかかるイニシャルコストは通常のモノづくりでは原価設計が成り立たないので、一品一様なものが制作できる3Dプリントならではの商品になっています。


▲デザイン開発中のレンダリング画像。

▲こうして出来上がった最終製品の「撥漆」。Photo by Danny Danks






CREATOR PROFILE

西村拓紀(にしむら・ひろあき)

西村拓紀デザイン株式会社_代表取締役/クリエーティブディレクター/デザイナー。ブランディング、プロダクト、グラフィック、WEBデザインと幅広いコンテンツを制作。「iF product design award 」5件受賞/「GOOD DESIGN AWARD」6件受賞など国内外のデザイン賞を多数受賞。

urushiサイトで「撥漆」を見る






Posts

21.「介助・支援グッズにグッドデザインを」石橋達男さん


20.「多面体が生む陰影の宇宙」鈴木 宏明さん


Rinkak 3D Printing Design Contest Merit Award受賞者インタビュー Igor Knezevic さん


漆×3Dプリンターのデザインメソッド③ パラボラ


漆×3Dプリンターのデザインメソッド② 秋山かおりさん(STUDIO BYCOLOR)


漆×3Dプリンターのデザインメソッド① 西村拓紀さん


15. ストリートの新境地「3Dグラフィティアート」


14.「”光”を宿す新たな色彩」mattbagさん


13.「宇宙を手元にテレポートさせる3Dプリンターの魔力」quriharaさん


12.「3Dプリンターに作家の個性を込める術」hisashiIMAIさん


11.「ストーリーと3Dプリンターが出会う時、国境はひらく」Maniさん


10.「イラストに命を宿す3Dプリンター」hassegawaさん


09.「3Dプリンターが拓く女性作家の新世界」Watanabe_Kayokoさん


08.「職人技とFabの解け合う未来」jewelephanaさん


07.「無駄を省き、ルアーの本質を形に」kklureさん


No.6 「先端技術で挑む、斬新な伝統継承 - 刀×3Dプリンター -」(1/4)


No.6 「先端技術で挑む、斬新な伝統継承 - 刀×3Dプリンター -」(4/4)


No.6 「先端技術で挑む、斬新な伝統継承 - 刀×3Dプリンター -」(3/4)


No.6 「先端技術で挑む、斬新な伝統継承 - 刀×3Dプリンター -」(2/4)


《Creator's Voice@college特別企画3》『山形の伝統をみつめ、おみやげをつくる』東北芸術工科大学 プロダクトデザイン科


more...