無料チェックツールで3Dデータをチェックしましょう


無料チェックツールによる3Dデータのチェック方法

ドイツのNetfabb社は、3Dプリンティングやラピッドプロトタイピングに向けた無償の製品で、STLファイルの分析、チェック、修復を自動的に行うnetfabb Studio Basicを提供しています。作成した3Dデータをアップロードする前に、この無料ツールを使って、事前にデータに不備がないかを確認しましょう。

netfabb Studio Basicのインストール方法

  1. netfabb Studio Basic ( http://www.netfabb.com/basic.php ) へアクセスし、CommunityのタブからDownloadをクリックします。
  2. ご自身のシステム環境を選択すると、ダウンロードリンクが出てきますので、クリックします。
  3. 必要事項を入力し、downloadをクリックした後、オンラインインストール(上部)、もしくはオフラインインストール(下部)のexeファイルかzipファイルを選択します。
  4. 次に、ダウンロードしたファイルを実行します。
  5. インストーラーが起動しますので、まず言語の選択(残念ながら日本語には対応していないようです)を行います。Continueをクリックします。
  6. 利用規約に目を通し、問題なければ下部の「I accept the terms of usage」にチェックしContinueをクリックします。
  7. その後、ご自身の利用方法に合った設定を行います。
    • 最初の項目ですが、現在ログインしているユーザーだけでnetfabb Studio Basicを利用する場合は、上のチェックで問題ありません。ご自身以外のユーザーでも利用する場合は下にチェックしましょう。なお、セキュリティの問題などもあるため、下のチェックは推奨されていません。
    • 次にインストールディレクトリですがデフォルト(初めから設定されている)値のままで問題ありません。
    • 左下の「Create a start menu entry」はスタートメニューに登録したい場合にチェックを入れてください。
    • 右下の「Link STL files to netfabb」は拡張子がstlのファイルをnetfabb Studio Basicに関連付けするかどうかです。関連付けた場合、拡張子がstlのファイルをダブルクリックで開くとnetfabb Studio Basicが起動するようになります。
  8. 以上を設定したらContinueをクリックします。
  9. 最後にFinishを選択してインストール完了です。

netfabb Studio Basicによる修正方法

1. netfabb Studio Basic を起動します。
2. 左上のフォルダアイコンをクリックしチェックしたいstlファイル選択して読み込みます。
※読み込むデータはstlファイルにする必要がありますので、それ以外のデータでオブジェクトを作成した場合は、stlファイルへ一度変換して下さい。
3. 選択中のオブジェクトに不正データがあると画像の右下ように!マークが出てきます。不正がない場合、マークは出てきません。また、右下のInformationでサイズも確認ですることが出来ます。
4. 「!」マークが出たら、上部ツールバーにある赤い「+」マークをクリックし、修正を開始します。
5. 修正を開始すると画面が切り替わり、ツリーにPart repairというものが追加されます。
いろいろメニューがあり、修正方法をカスタマイズできますが、そのままで問題ありませんのでAutomatic repairをクリックして自動修正します。
6. ポップアップでウィンドウが出てくるので、Default repairのままExecuteをクリックします。
これでデータが修正されますが、まだ修正は完了していません。
7. Apply repairをクリックし、修正内容を確定します。
8. 修正内容が確定し、!マークが無くなると、データ修正の完了です。
9. 最後に修正されたstlデータをエクスポートして終了です。

Check your 3D data with the free check tool


How to check your 3D data with the free check tool

Netfabb Studio Basic, provided for free by the German Netfabb GmbH, is a 3D printing and rapid prototyping product that automatically analyzes, checks, and corrects STL files. You should check that there are no defects in the 3D data you have prepared by using this free tool before uploading it.

How to install Netfabb Studio Basic

  1. Access NetFabb Studio Basic (http://www.netfabb.com/basic.php) and click Download from the Community tab.
  2. Click on the download link that appears when you select your system environment.
  3. After entering the required information and clicking download, select the exe or zip file for either online install (above) or for offline install (below).
  4. Next, open the downloaded file.
  5. The installer will start, so choose your language. Click Continue.
  6. Browse through the terms of usage. If you don’t have a problem with them, check "I accept the terms of usage" at the bottom and click on Continue.
  7. After that, configure the settings to match your own usage methods.
    • In regards to the first item, the upper check box will be fine if Netfabb Studio Basic is to be used only by the currently logged in user. You should check the lower one if users other than yourself will use the program. The lower check box is not recommended, however, because of security problems.
    • Next, it is OK to leave the installation directory at the default value (the original value).
    • Check "Create a start menu entry" on the lower left if you want the program to be registered on the start menu.
    • "Link STL files to netfabb" on the lower right is for whether or not the .stl file extension will be associated with Netfabb Studio Basic. When they been associated, Netfabb Studio Basic will open if you double click on a file with the .stl extension.
  8. After you have configured the above, click Continue.
  9. Finally select Finish to complete the installation.

How to make corrections with Netfabb Studio Basic.

1. Open Netfabb Studio Basic.
2. Click the folder icon on the upper left and select and import the stl file you want to check.
* Since it is necessary to make the data to be imported into an stl file, please make a one time conversion into this format in case you have made an object in another data format.
3. If the selected object contains bad data, an exclamation mark like the one in the bottom right of the image will appear. This exclamation mark won't appear if there is no bad data. Additionally, you are able to check the size in the Information section on the bottom right.
4. If the exclamation mark appears, begin repairs by clicking the red + sign on the upper toolbar.
5. When you begin corrections, the screen will change and an item named "Part repair" will be added to the tree.
There are a variety of menus and you can customize the repair methods, however it is fine left as is. Click “Automatic repair” to automatically repair the data.
6. A pop-up window will appear; leave it at “Default repair” and click “Execute”.
This repairs the data, however the correction process is still not complete.
7. click “Apply repair” to finalize the details of the repair.
8. Data correction is complete when the details of the corrections are finalized and the exclamation mark disappears.
9. Finally, export the corrected stl data and finish.