日本初の3Dプリントクラウドサービス「rinkak 3D Print Cloud API」を提供開始

2013/09/30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社カブク(本社:東京都渋谷区、代表取締役:稲田 雅彦)は、2013 年 9 月 30 日より、日本初の 3D プリントクラウドサービス「rinkak 3D Print Cloud API」を開発し、提供を開始しました。(https://www.rinkak.com/api/v1/developers

「rinkak(リンカク)」とは、3D プリンターなどのデジタル製造設備を用いたマーケットプレイス&3D プリントサービスです。クリエイターは rinkak に 3D データをアップするだけで高価で高性能な製造設備で作品を製造でき、さらに販売もできます。プラスチックはもちろん、陶器や金属、ラバーのものまで、多様な素材のプロダクトを製造することが可能です。本サービスは、2013 年 6月のβ版提供開始以来、多くのクリエイター、企業、メディアから高い評価を頂いています。

新サービス「rinkak 3D Print Cloud API」(https://www.rinkak.com/api/v1/developers)では、rinkak が提供するデジタル製造サービスをクラウドサービスとして活用することができるため、誰でも簡単にアプリや WEB サービスに 3D プリント機能を追加することが可能です。今回のリリースに伴う rinkak 3D Print Cloud API の主な提供は以下の通りです。今後、開発者やサービス提供者のフィードバックを受け、さらなるサービスの拡充・機能追加を行うとともに、3D CADおよび 3D CG データを保有するサービスプロバイダーおよびコンテンツプロバイダーとの連携を強化して参ります。
※ 日本初の 3D プリントクラウドサービス:当社調べ

■rinkak 3D Print Cloud API の主な特徴

(1) アプリや WEB サービスにすぐに 3D プリント機能を実装可能
3D プリントに必要な機能をクラウドサービスとして活用することができるため、アプリや WEB
サービスに 3D プリント機能をすぐに追加することができます。クラウド利用開始手続きも、rinkak
オンライン上ですぐに行えます。

(2) 使える素材バリエーションは全 30 種類以上
rinkak で扱う素材バリエーションをすべて利用でき、プラスチックはもちろん、陶器や金属、ラバ
ー、石膏、また最大 12 種類のカラーバリエーションの中から素材を選ぶことができます。

(3) 「rinkak」で使える機能・サービスをそのままに
rinkak が提供するマーケットプレイス機能、3D プリントサービスをはじめ、自動価格計算機能、
自動 3D データチェック機能、リミックス機能、カート機能、決裁・発送サービスなど多様な機能・
サービスをそのまま利用することができます。

News

Innovation Starts with Children: Kabuku and Microsoft inspire about 3D Printing and Programming in Schools


Kurand, Kabuku Reach New Sake Drinkers with 3D Printing


Rinkak 3D Avatar Printing Solution: In-Game Customized 3D Figurine Printing Service Expands to Dragon Quest


Kabuku Announces New Beta Suite of Rinkak 3D Printing MMS Quotation with Web API and Enhanced Scalability


The Great Rinkak CMF x 3D Prints Experiment with Olympus Air


more...