ザ・コンランショップ丸の内店にて3Dプリントできるお絵かきアプリ「ボクスケ」を用いた3Dプリンター体験イベントを開催

2014/03/18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社カブク(本社:東京都渋谷区、代表取締役:稲田 雅彦)は、ザ・コンランショップ 丸の内店 にて、 3D プリントできるお絵かきアプリ 「ボクスケ(https://www.rinkak.com/voxke)」を用いた 3D プリンター体験イベントを、2014 年3 月 22 日に開催いたします。本イベントは 3 月 31 日までザ・コンランショップ全店で開催中の「101 SURPRISES」イベントの一貫となります。

ボクスケは、大人も子どもでも簡単に 3D プリンターでものづくりが体験できるタブレットアプリ(iOS/Android 両対応)です。キャンバスに描いた絵がリアルタイムで 3D プリント可能な 3D モデルデータに変換されるため描いた絵をそのまま 3D プリントすることができます。

■開催概要

【開催日時】 :3 月 22 日(土) 11:00 - 17:00
【開催店舗】 :ザ・コンランショップ 丸の内店 3F
*¥10,000 以上ご購入のお客様は無料体験、体験のみの場合は参加費¥1,500 となります。
<運営協力>錦明印刷株式会社 3D Lab

■ボクスケの主な特徴

(1)お絵かきする感覚で 3D モデルデータを作れます。
画面下部のキャンバスを指でなぞるとお絵かきでき、その絵が自動的に 3D モデルデータに
変換されるため、お絵かき感覚で 3D モデルデータを作成することができます。

(2)誰でも気軽に 3D プリンターを使ったものづくりを体験できます。
自動で 3D プリント可能な 3D データが作成されるため、誰でも気軽に楽しく 3D プリンタ
ーを使ったものづくりを体験することができます。

■ボクスケについて

ボクスケは 2013 年夏に宮城県石巻市で開催された石巻 Hackathon(http://itnav.jp/archives/228)にて、弊社 CTO 足立、開発者のほしたかのり、デザイナーの矢野りんの 3 名でプロトタイプを開発し、優勝したアプリです。このたび、3D モデル生成エンジンを rinkak 3D Print Cloud API として API 化し、UI デザインを見直し、アプリを再構築するとともに Android と iPad の両端末に対応しました。

News

Innovation Starts with Children: Kabuku and Microsoft inspire about 3D Printing and Programming in Schools


Kurand, Kabuku Reach New Sake Drinkers with 3D Printing


Rinkak 3D Avatar Printing Solution: In-Game Customized 3D Figurine Printing Service Expands to Dragon Quest


Kabuku Announces New Beta Suite of Rinkak 3D Printing MMS Quotation with Web API and Enhanced Scalability


The Great Rinkak CMF x 3D Prints Experiment with Olympus Air


more...