カブク、3Dプリンティングの連携講座「GIONSALONE 〜和の革新〜」で講演 〜「これからのデジタルものづくりとは」をテーマに〜

2014/07/01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カブク(本社:東京、代表取締役 兼 CEO:稲田雅彦氏)は、プロダクトデザイナーのトミタ・ジュン ( (株)アティモント・デザイン研究所所長/ 京都造形芸術大学プロダクトデザイン学科准教授 )と京都造形芸術大学プロダクトデザイン学科の学生による"和の革新"をテーマにした商品発表・販売の展覧会「GION SALONE(ぎをんサローネ)」に出展及び講演いたします。




イベント日程

2014 年7 月12 日(土)
・18:30 〜 レセプション(LIVE、他)
2014 年7 月13 日(日)
・16:30 〜 基調講演:「Wanovation(和の革新)」
 トミタ・ジュン(京都造形芸術大学プロダクトデザイン学科准教授)
・17:30 〜 講 演:「これからのデジタルのものづくりとは」
 稲田雅彦(株式会社カブク代表取締役)
・18:30 〜 レセプション
 LIVE:Gion Bossa Club、他


展示会名:GION SALONE 〜和の革新〜
展示概要:プロと学生の作品・商品の展示、販売/企画展
会期:2014 年7 月12 日(土)ー8 月3 日(日)
平日13:00 ー20:00 /土日祝12:30 ー20:00
※祇園祭宵山期間中(7/13,14,15,16)飲料提供、深夜営業予定
開催場所:ARTZONE
展示案内 1階 ミュージアムショップ/新商品展示
     2階A:美大合同作品展
     京都造形芸術大学、京都精華大学、京都工芸繊維大学etc.

B:企画展
・「これからの京都空間の可能性とその創生術
  〜 ローバーアーキテクツの近作を通じて〜 」
・カブクの3Dサービス
・トミタ・ジュン個展
・「感性の森2014 by KUAD PD 展 ーライブ配信で森の声を聴くForest Notesアイデアモデル展」










■GION SALONE(ぎをんサローネ)とは

プロダクトデザイナーのトミタ・ジュンと京都造形芸術大学プロダクトデザイン学科の学生10名が企画した展覧会です。初の展覧会となる本展では、「和の革新」をテーマに、プロと学生のアイディアデザイン商品の発表と販売を行います。



■ARTZONE(アートゾーン)とは



京都造形芸術大学アートプロデュース学科の学生が中心となり運営しているアートスペースです。プロジェクト創出の場としての展覧会、ワークショップなどの企画から実地まで学生主体で行っており、社会にアートを発信していく実験的な場となっています。




主催: ぎをんサローネ運営委員会
委員長:トミタ・ジュン
ディレクター:判治佳穂
委 員:本田未玲、西原詩織、長村貴元、山田 純、金子春菜、
Arthur Chuang、圓城史也、大角拓也、荒瀬翔平
協力    京都造形芸術大学 アートプロデュース学科

本展に関するお問い合わせ

京都造形芸術大学アートプロデュース学科 事務室
〒606-8271 京都府京都市左京区白川瓜生山2-116
TEL:075 791 9296

ARTZONE
〒604-8031 京都府京都市中京区河原町三条下る
一筋目東入る大黒町44 VOX ビル1・2階
TEL:075 212 9676
E-mail:info@artzone.jp
www.artzone.jp



News

Innovation Starts with Children: Kabuku and Microsoft inspire about 3D Printing and Programming in Schools


Kurand, Kabuku Reach New Sake Drinkers with 3D Printing


Rinkak 3D Avatar Printing Solution: In-Game Customized 3D Figurine Printing Service Expands to Dragon Quest


Kabuku Announces New Beta Suite of Rinkak 3D Printing MMS Quotation with Web API and Enhanced Scalability


The Great Rinkak CMF x 3D Prints Experiment with Olympus Air


more...